訪問看護サービスは24時間365日の体制で病気や障害を持った人に、病院ではなく住み慣れた地域や自宅で療養できるようにサポートするサービスです。訪問看護サービスでは看護師だけではなく保健師や理学療法士・作業療法士などのスタッフがいます。自宅で一人ひとりの生活スタイルを壊さないといったことを前提に、健康状態の観察や医療処置・医療機器管理・療養生活のお手伝い・終末期の看護・リハビリテーションなどの幅広いサポートを受けることが出来ます。初めて利用する方は自分の生活を壊されないか、在宅で十分な看護を受けることが出来るのかなど不安も多いです。訪問看護サービスは自立を支援するためのサービスなので、必要以上に生活に立ち入らないようにしています。さらに緊急の場合なども対応してくれるなど、かかりつけ医と連携し十分なサポートが受けられます。

訪問看護サービスの具体的な内容

療養上のサポートとして身体の清拭や洗髪・入浴介助・食事・排泄などの介助などのサービスはもちろん床ずれの防止や工夫・手当なども行います。かかりつけ医の指示に基づく医療処置や病気や障害の状態・血圧・体温・脈拍のチェックなどの病状の観察などの医療行為も行います。他にも理学療法士や作業療法士のサポートによって、嚥下機能訓練やリハビリなどのサービスも受けることが出来ます。他にも在宅酸素や人工呼吸器などの医療機器の管理や、またガン末期や終末期などでも残された時間を充実した状態で迎えられるように自宅で過ごせるためのサポートも行います。自宅で家族が介護を行っている場合などは家族への介護方法の指導や相談事・認知症の危険防止や工夫方法などもスタッフが親身に対応してくれます。

訪問看護サービスを利用するための料金

介護保険を利用して訪問看護サービスを受ける場合は、利用金額の1割負担で利用することが出来ます。しかし要介護度によって支給限度額があるので、そこを超えた分はすべて自己負担になります。健康保険を利用する場合は限度額はありませんが、自己負担は年齢や収入によって1~3割と変化します。70歳以上は後期高齢者医療制度によって原則としてかかった医療費の1割を負担することになります。しかし収入が多い場合は3割負担になるので注意してください。70歳未満は原則としてかかった医療費の3割を負担することになります。支給限度額に条件はありませんが、医療保険制度で定められた利用回数や利用時間を超えて利用した分は自己負担になります。具体的な料金は受けるサービスによって変わってきます。

成功ステーションへの訪問による実地学習を実施しています。 高齢化社会を迎え、福祉サービスの多様性が増しています。 サポート料金は月額固定12万円~。フランチャイズではないから、フィーはいただきません。 「訪問看護の学校」2016年5月開校予定。開業準備、運営、実務が学べる教育プログラムを提供します。 メール・Webでのお問い合わせは24時間受付です。 訪問看護事業の新規参入をお考えならケアーズへ!