出産祝いのお返しの方法について説明します

赤ちゃんが無事に産まれてきてくれて喜んでいるお母さん、お父さんの中には、御出産祝いを多くの方達からいただき、二重の喜びに包まれている方も多いことでしょう。昔に比べて赤ちゃんが着るベビー服、玩具、身の回りの物など様々な御祝品が送られますが、送っていただいた方々へのお返しも考えていかなければなりません。初産の場合のご夫婦ですと、そんな時のお返しには何かルールがあるのか、適した物はあるのか、などで悩んでおられる方もいることでしょう。お祝い事ですから赤ちゃんを祝って下さる方への感謝の気持ちが一番ですし、細かなルールまでは気にしなくても良いでしょうが、できれば祝っていただいた方々とも一緒に赤ちゃん誕生の思い出に残るような、喜んでいただけるようなお品をお返しできたら良いなと考えているご夫婦は多いはずです。

出産のお返しはいただいた金額をベースに考えます

出産祝いへのお返しは、出産内祝いと呼ばれますが、お金でのお祝いとしていただいた場合には、その金額の半返しか、もしくは3分の1の金額をお返しとしての目安にするというのが一般的です。お金ではなく、赤ちゃん用のお品の場合には市販の定価でいくらくらいの品物かを調べて、それをベースにだいたいの金額を算出します。そして祝い金の時と同じように半返しか、3分の1での金額を目安として内祝いを考えていくことになります。しかし、特にご両親である親御さんや懇意にしている親戚の場合だと、高価なお祝い金やお品をいただくことも珍しいことではありません。ただこれには、新しい家族が産まれてその支度を整えるという意味合いもありますので、半額から3分の1返しという目安にこだわる必要はありません。皆さんの好意に甘えた上で感謝の気持ちをしっかり表すのが良いでしょう。

出産内祝いのお返しは予算を組んで早めに考える

出産後1カ月目のお宮参りがすんだら内祝いをしてお披露目をする方が多く、生後2カ月までにお返しも済ますのが基本です。出産のお祝いは親、祖父母、兄妹、親戚、友人、知人や会社関係といったように、意外と幅広くいただくことも多いです。そのため出産後には育児で慌ただしくもなりますので、多くの方からいただくことを想定して、予め予算を組んでお品選びの計画をしておくのも良いでしょう。マタニティー時期の方を対象にした雑誌などには、内祝い選びに参考となる記事も載っていますので、事前に読んで男の子だったらコレ、女の子だったらコレというように、想像してみるのも楽しいです。また内祝いと一緒に、写真などで赤ちゃんの様子も一緒に届けるのも喜ばれる演出です。子供の成長はあっという間に過ぎてしまいますので、生まれてすぐの一番可愛い頃のお写真などは、きっと振り返ると良い思い出になります。