記者会見パネルにはどのような種類があるのかを解説

記者会見パネルというのを見たことがあるでしょうか。その名前だけを聞いてもピンとこない方もいるかも知れませんが、企業などのパネルの前で芸能人などがインタビューを受けている映像などをテレビで見たことはないでしょうか。新しい商品の宣伝や、旅行会社や航空会社のツアーの宣伝など多くの場合何かの宣伝に使われる事が多いのが記者会見パネルです。このパネルはその会社のロゴなどが前面にデザインされていることが多く、それによって宣伝効果も高まるのですが記者会見が行われる場所に用意してあるのではなく、これは宣伝をする企業側が用意するものだと言うことをご存知でしょうか。企業に限らず記者会見パネルは販売されているもので、個人のレベルでも手作りで作る事もできますが、購入する事もできるようになっています。

記者会見パネルを安く買う方法とは

個人でも購入できるのであれば、記者会見パネルを自分たちで使用したいと思った場合、先ず気になるのはその価格でしょう。大手の企業などが使用しているのだからきっと高いに違いないと思いがちですが、その価格は仕様によってピンからキリまであり、パネルの面も正面のみになるのか側面もあるのかなどで価格が変わってきます。インターネット上で、記者会見パネルを激安で製作している業者なども紹介されているので、相場を確かめるためにも訪問して自分の目で確かめて見るのが確実でしょう。しかしこれはあくまで、何かの発表の場で使用する時の場合です。もしもそれが個人の趣味の範囲での使用なら、もっと安く済む方法は間違いなく手作りする事です。あんなパネルを手作りでと考えると難しく思えるかも知れませんが、意外と簡単な方法で製作が可能であり、また予算もあまりかけずに作る事ができます。

パネルを自分で簡単に作る方法とは

家庭用プリンターがあれば、自宅で簡単に記者会見パネルが作れます。先ずは印刷したいデザインを良くパネルで見る所謂市松模様に印刷します。大きな紙に印刷せずともA4サイズの紙でも印刷後に貼り合わせていけば良いので問題ありません。必要分のデザインをプリントアウトした後は、背景になるパネルの土台を作るかもしくはプリントアウトした用紙をそのまま大きなポスターの様に、背景として使用するように吊り下げて飾る方法を取ります。吊り下げて飾る方法であれば、突っ張り棒の様な長い棒を用意すればそこへ貼り付けていけるので、最も簡単です。そうして後はひたすらにプリントアウトしたデザインを貼り合わせていき、希望の大きさになったら壁などへと貼り完了です。映像で残す場合特に立体的である必要はないので、この方法が一番安い方法と言えるでしょう。

各種バナースタンドを豊富に取り揃えており、お客様の用途に応じたバナースタンドをお選び頂ける事がメリットです。 新規会員登録されますと、500ポイントプレゼント! バナースタンド累計販売台数10万台超!国内での実績No.1企業です! バナースタンド本体のみのご注文も承っております!是非、お問い合わせください! 簡単組み立ての記者会見パネル製作ならこちらがおすすめ