ちょっとしたコツで記者会見パネルを激安で仕入れる方法について

記者会見やイベント、展示会などでよく見かける記者会見パネルは、企業名やブランド、製品などについてPRするのに効果的なアイテムです。バックパネルやインタビューボードとも呼ばれ、スポーツの試合で選手がヒーローインタビューを受ける際にも欠かせないものです。そのようなときでも、バックパネルは有名人に引けを取らず、PRしたいものを手軽に伝えられる広告塔となります。試合だけでなく、講演会やパーティーなどでも使われ、テレビでもよく見かけるため、コストがかかるものだというイメージがあるでしょう。実際、サイズや素材にもよりますが、パネルの製作には数十万円もかかってしまいます。しかし、ちょっとしたコツを使うことで、激安で記者会見パネルを仕入れることが可能になります。ここではその方法について詳しく述べていきます。

複数枚のパネルの同時発注とサイズ変更

記者会見パネルは多くのWebサイトで発注を承っており、見積もりを複数取って比較検討できるのでとても便利です。同じ条件でも一番安く発注できるところを選びたいですが、その前にまず製作コストを抑えるコツを知りましょう。1つめは、注文数を増やすことです。1枚から製作できるサイトが多いですが、複数の発注をまとめてするほうが、パネル1枚当たりの費用が安くなることがあります。今必要なのは1枚だけでも、将来同じデザインのパネルを複数枚設置する可能性があるのであれば、一度に多く発注するほうがお得です。2つめのコツは、サイズ変更です。サイズが変われば、料金も安くなります。装飾やレイアウト、演出方法などによっては、一回り小さくてもよいということもあり得ます。発注しようとしているサイズが本当に必要な大きさなのかを検討してみてください。

パネルの色数とセット割引、素材

記者会見パネルの費用を抑えるコツはそれだけではありません。色数を減らすことでも、コストを抑えることができます。イベントのイメージカラーや雰囲気によっては、色は少しで十分という場合もあります。白は1色に含まれないため、白をベースにパネルを作成すれば、より安く発注できます。また、サイトによってはバックパネルだけでなく、横断幕やタペストリーなど、パネルと組み合わせて使える商品をセットで安く販売しているところもあります。そのような割引がないかもチェックしてみましょう。さらに、素材によっても金額は変わります。通常のバックパネルは板の素材を使用しますが、布を使う大型バナースタンドもあります。バックパネルに比べて見た目は劣りますが、収納ができ、自力で設置することも可能です。初期費用はかかりますが、何度も利用する予定がある場合は、大型バナースタンドの購入も考えてみましょう。