訪問看護サービスとは、病気や障害で自宅療養している人に、ケアスタッフが自宅まで訪問し、療養生活の世話をしたり、診療補助等を行うサービスですが、夜間休日対応の看護サービス事業者が見つからない場合や、介護のやり方が分らないなど介護に不安がある場合に頼めるサービスです。また、介護疲れや、介護者の高齢化や持病がある場合、親戚が遠方で介護者がいない、さらに、認知症の対応に困っている場合や、自宅で看取りたい場合などのさまざまな介護の不安に応えるサービスが訪問介護サービスとなります。なお、訪問介護スタッフは、看護師のほか、准看護師や保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの国家資格を持つ専門家であるうえ、基本的に訪問介護スタッフは、主治医の指示の下、介護事業者と連携して自宅を訪問し、療養の世話や診療の補助を行うことになるので安心感があります。

訪問看護が提供するサービスとは

訪問看護が提供するサービス内容は、利用者の病気や症状、そして、日常生活動作のレベルや介護する家族の有無などによって、必要なケアが変わってきます。そのため、自分が頼みたい訪問介護の内容をきちんと医師や訪問看護スタッフに相談して、より効率的な訪問介護ができるように計画することが望ましいといえます。たとえば、訪問介護スタッフに、介護保険サービスの手配状況を確認してもらったり、介護ベッドや車椅子、などの福祉用品に対する助言を求めたり、健康状態や療養生活の相談などをすることで、介護者の健康状態を把握しやすくなります。そして、訪問介護スタッフが提供するサービスは、血圧、体温、呼吸、脈拍のチェックのほか、病気治療のための介護や療養生活の世話、精神、心理的な看護や在宅リハビリテーション、また、介護する家族の相談や技術指導、さらに、終末期の緩和ケアなどがあります。

訪問介護の上手な利用の仕方とは

通常、自宅で介護ケアを行う場合には、介護保険か医療保険などを使用して、訪問介護や訪問看護、デイサービスなどの公的なサービスを利用することが一般的となりますが、実際には、公的サービスだけでは、介護者の要望に応えられない場合が少なくありません。そのような公的サービスだけは不充分と思われる場合には、公的なサービスに加えて、自費の訪問看護を上手に組み合わせて利用することで、家族や介護者の負担を少しでも減少することができるため、介護される人だけでなく、介護する人の生活の質も高めることが可能となります。また、訪問介護サービスでは、利用者の病気の容態や療養段階などをきめ細かく観察しながら、家族の介護力や困っていることなどを見極め、より適切な訪問介護サービスの実践を行っています。