重い病や障害などにより、医療的ケアを必要とする方は多くいます。そして患者の多くは少しでも住み慣れた地域・家で家族と一緒に暮らしたいと考えています。しかし、在宅だと行える医療的ケアに限界があります。そのため、長期間入院せざるをえない場合もあるのが現状です。けれども、患者の想いに応え、生活の質を向上させるにはやはり在宅でのケアが望ましいです。そこで、専門的知識を持った看護師等が患者の自宅に訪問、医療的ケアや状態観察などを行う訪問看護が行われるようになりました。では、訪問看護では具体的にどのようなサービスを受けることができ、どのような利点があるのでしょうか。そこで、ここからは訪問看護で受けることができるサービス、そして受けて良かったと思える部分について紹介します。

訪問看護にはどのようなサービスがあるのか

訪問看護とは看護師・准看護師・保健師・助産師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等が患者の自宅に訪問、様々なサービスを提供します。1つ目は療養上のケアです。これは食事介助・口腔内のケア・入浴などが含まれます。体が不衛生だと症状の悪化につながります。そのためこまめにキレイにする必要があります。2つ目は状態観察です。これは血圧・体温・脈拍などを確認、現在の体調をチェックするために行われます。3つ目は医療処置です。たんの吸引・経管栄養・酸素療法・人工呼吸器などの処置を行います。またかかりつけ医の指示に従い、様々な医療処置を行う場合もあります。4つ目はリハビリです。運動機能の悪化や認知症などが進まないよう、専門家の指導のもと訓練を在宅で行います。そして5つ目がアドバイスです。患者がより快適に過ごせるよう、環境やケアの仕方などについてアドバイスを与えるとともに、介助者の悩みの受け皿にもなります。

訪問看護サービスを利用して良いことはなにか

訪問看護サービスを利用する最大のメリット、それは自宅で療養できるということです。患者の多くは自分の住み慣れた地域、住み慣れた家でできるだけ暮らしたいという想いがあります。また、病院ですと食事・消灯時間などが決められていますが、在宅療養の場合、それらの時間は自分で決めることができます。そして、家族が近くに住んでいた場合、家族と一緒により長い時間過ごすことができます。このように、在宅での療養は患者の生活に合った医療サービスを提供することができ、患者の精神的なケアにもつながります。そしてすべて病院に任せきりではなく、できるところは自分で行うことにより、QOLも向上します。また介助者への知識提供を行うとともに、悩みの受け皿となることで介助者への負担も少なくなります。患者と介助者、それぞれの精神を支えることができるのがこのサービスを利用するうえで最も良いことなのです。