訪問看護は、自宅で病気の診療を受けられるのが最大のメリットです。歳をとって体が不自由になったお年寄りに適しています。腰が痛かったり、足が不自由なお年寄りは病院に足を運ぶのは簡単ではありません。そのような状態になったら、訪問看護を頼みましょう。この種の看護の場合でも、病気の治療や薬の処方は可能です。病院によって対応の仕方はやや異なっていますが、24時間いつでも自宅に来てくれるところがあります。認知症の患者さんのように病院に行きたがらない人がいる場合も、訪問看護は役に立ちます。そのほかに一人暮らしの方が急に病気になった時や、精神疾患の方で外出が難しい場合に、訪問看護を利用できる場合があります。このシステムは意外に知られていませんが、個々の病院のホームページを見れば、そこに説明が載っています。

お年寄りは積極的に訪問看護を活用しよう

訪問看護は、近年になって多くなってきました。高齢化社会が進んで、お年寄りが増えたのでこのタイプの看護に対する需要が高まっています。お年寄りで体の不自由な方は、訪問看護を積極的に利用しましょう。自宅まで医師と看護師が来てくれるので、わざわざ病院に行く必要はありません。決められた時間に診療に来るので、病院のように長く待つ必要がないメリットもあります。訪問看護であっても、病気の治療は受けられます。薬も出してもらえます。癌のような深刻な病気でも、訪問看護は可能です。末期を病院で過ごすよりも、自宅て過ごした方が幸せに生きることができます。末期医療の訪問看護のサービスを提供する病院はやや少ないので、ネットを使って探してみる必要があります。認知症も訪問看護で対応できます。

病院に行けない時はとにかく頼んでみる

お年寄り以外の人でも、訪問看護を受けることができます。例えば、骨折で歩けなくなったら、このサービスを受けることができます。怪我などによって、背骨を折ることがあります。背骨の骨折は特に有効な治療法がありません。安静にしていることが重要です。このような怪我の場合は、病院に行かなくても自宅で訪問看護を受けたながら、療養できます。痛みがひどいときなどに、症状を話して痛み止めの薬を出してもらいましょう。精神疾患の方で通院が難しい場合も、訪問看護を受けられます。例えば、パニック障害の方は人ごみの中に行くと、病気が悪化することがあります。このような時は、医師に自宅まで来てもらった方が良いでしょう。精神科の訪問看護を提供するところは少ないですが、都市部を中心に増えています。