訪問看護サービスは介護保険が適用になるので、要支援・要介護認定者にとって利用しやすいサービスです。医療保険での利用もできますが、両者とも医師の指示書が必要です。介護保険による訪問看護は介護サービスの一環としてケアマネージャーによる居宅サービス計画に組み入れられます。訪問看護は一人ないし二人の看護師が利用者の家庭を訪問し、看護を行います。看護サービスの内容は、入院患者が看護師から受けるサービスとほぼ同じです。医療に関しては訪問診療の医師との連携が図られる場合もあります。訪問看護の利用者は、主に病院に通えない患者や、要支援・要介護認定者で、看護が必要とされる方です。多くの訪問看護ステーションは24時間365日対応となっています。緊急時でも電話連絡で訪問看護を受けることができます。

訪問看護で提供されるサービスの種類

訪問看護では様々なサービスを受けることができます。療養の世話、病状の観察、ターミナルケア、リハビリ、医療機器の管理、床ずれ予防、認知症ケア、介護予防が主なサービスの内容です。利用者が生活を維持し、清潔を保つために、洗髪や入浴介助、食事や排泄の介助等が行われます。血圧、脈拍、体温測定は、ほとんど毎回行われます。寝たきりの利用者に対しては床ずれの予防のための措置が施されます。認知症の利用者に対しては、危険防止や同居家族へのアドバイス等が行われます。訪問看護では、人工呼吸や酸素吸入が必要な利用者に対して、医療機器の適切な管理が行われます。訪問看護により、人工呼吸や酸素吸入が必要な利用者が、病院ではなく自宅での療養が可能となりました。終末期医療のみとりも大切な仕事です。

訪問看護を利用するための二つの方法

訪問看護は医療保険で利用する場合と、介護保険で利用する場合がありますが、両者の手続きは異なります。医療保険での利用は、かかりつけ医から指示書の交付を受ける必要があります。指示書を訪問看護ステーションに提示し、了解を得ることでサービスが受けられます。介護保険での利用の場合は、先んじて自治体から要支援・要介護の認定を受けることが必要です。自治体によっては申し込みから認定までの期間も、介護保険の適用される場合もあります。介護保険のサービスを計画するのがケアマネージャーです。ケアマネージャーは利用者の状況を的確に判断し、他のサービスと合わせて訪問看護を居宅サービス計画の中に組み入れ、実際の利用が始まります。利用が開始された後も、ケアマネージャーが適宜利用者の元を訪れ、利用に不都合がないかを確認します。